スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

グァルネーリ お里帰り

音楽博物館には、バロック時代に用いられたピッコロ・ヴァイオリンが2挺あります。

どちらも、たいへん貴重な楽器で、一つは1720年A.ストラディヴァーリ製、もう一つは1735年G.グァルネーリ製です。現在イタリア・クレモナで開催されている現地ストラディヴァーリ財団の主催する展示会(2008年9月27日~10月19日)にグァルネーリ製のピッコロ・ヴァイオリンが招待されました。クレモナはこの楽器が製作された地ですので「お里帰り」という訳です。

製作当時の状態を保っている素晴らしい楽器ですので、再び当館に戻ってきましたらぜひ間近にご覧いただきたいと思います。

A.ストラディヴァーリ作
A.ストラディヴァーリ 作(1720年 クレモナ)


G.グァルネーリ作
G.グァルネーリ 作(1735年 クレモナ)


音に恋した美術展
イタリアへ旅立つ前は「音に恋した美術展」(於:釧路市立美術館)に出品


引渡し
釧路市立美術館において、本学塩津准教授からストラディヴァーリ財団派遣の福山香織氏にグァルネーリを引き渡し
スポンサーサイト
2008-10-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。