練習用カリヨン

このたびベルギーフランドル交流センターより寄託を受け、当館に“練習用カリヨン”がはいりました。

カリヨンはベルギーのフランドル地方の「組み鐘」と呼ばれる伝統楽器で、多くは教会の搭に設置され、メロディーを街中に響かせています。

通常2~3オクターブの音域を持つ大小の鐘を、一見オルガン風の手鍵盤と足鍵盤で鳴らします。本物のカリヨンは鍵盤からワイヤーで鐘につながっていますが、当館の練習用カリヨンは53鍵の鉄琴が内臓されており、その場で音を出すことが出来ます。どなたでも試奏いただけますので、音楽博物館でカリヨンの奏法を体験してください。

なお関西では、インテックス大阪とJR伊丹駅前広場でカリヨンをご覧いただけます。

練習用カリヨン


鍵盤を叩いて演奏
こぶしで鍵盤を叩いて演奏
2008-12-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR