スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

世界一受けたい授業

去る2月28日、読売テレビの番組「世界一受けたい授業」に音楽博物館の楽器が出演しました。

“楽器で世界一周旅行”と題して、西岡信雄名誉教授の解説で世界各国の楽器が紹介されました。当館からはジュゴッグ(インドネシア)、モッコ(インドネシア)、アブ(ケニア)、エオリアンハープ (西ヨーロッパ)など17点を貸し出し、スタジオを賑わせていました。とりわけエオリアンハープは、 実際にスタジオで風を起こして演奏してみるなど、普段なかなか耳にできない音色をテレビを通して聴くことができました。

クルンクルン
ひとり1音ずつ演奏するクルンクルン(インドネシア)


西岡先生


エオリアンハープ1
風の力で弦が振動して音が出るエオリアンハープ


エオリアンハープ2


鼻笛
鼻息で演奏する笛(マレーシア)


西岡先生
スポンサーサイト
2009-03-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。