スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

夏休み特別企画 その2

前回の博物館だよりでは、夏休み特別企画のひとつ「毎日ガイドツアー」をご紹介しました。今回はもうひとつの企画「手作り楽器」の様子をご紹介します。

8月18日に行なわれた「館長と一緒に!夏休み手作り楽器」では、小・中学生を対象に、午前の部は<ウグイス笛>を、午後の部はアフリカの楽器<カリンバ>を作りました。作り方を指導するのは、音楽博物館の藤田館長です。


午前の部<ウグイス笛>

ウグイス笛の材料
<ウグイス笛>の材料
左が鳥形の飾り部分の材料(木材) 右が笛部分の材料(竹)


ウグイス笛の色付け
鳥の形をした飾り部分を水性ペンキで色付けします。皆さんカラフルに仕上がりました。


笛の部分の製作
笛の部分を作っています。竹を細工するときは怪我をしないように気をつけて!


笛の微調整
笛がうまく鳴るように微調整してもらったら、飾りを取り付けて完成!!


ウグイス笛、完成!!
かわいい<ウグイス笛>のできあがり♪



午後の部<カリンバ>

カリンバは別名「親指ピアノ」ともいわれるアフリカの楽器。木の板と細い金属棒で作ります。

カリンバの説明
緑のエプロン姿の藤田館長が手に持っているのが<カリンバ>
両手で持ち、親指で鍵盤をはじいて鳴らします。


箱部分の製作
板で箱部分を作っているところ


鍵盤部分の製作
鍵盤部分を作っているところ
鍵盤となる金属棒を並べ、しっかりと固定します


鍵盤の調整
ペンチで鍵盤の調整をします


カリンバ、完成!!
箱と鍵盤を組み合わせて<カリンバ>の完成です!


<ウグイス笛>も<カリンバ>も参加した子どもたちはもちろん、保護者の方も熱心に工作に取り組んでいました。
全員、無事に完成させ、出来上がった楽器をお互いに鳴らしたり見せ合ったり、とても楽しそうでした。
これを機会に、他のいろいろな楽器にも興味をもってもらえると嬉しいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

2011-10-17 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。