FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第27回ミュージアム・セミナー「ブータンの仮面劇」

2009年3月14日(土)、第27回ミュージアム・セミナー「ブータンの仮面劇」を博物館展示室にて 開催しました。

ブータンから伝統芸能団“プンツォ・ダヤン”の方々を招き、歌や踊りの名手たちに、さまざまな演目をのびやかに披露していただきました。

伝統的な民間の労働歌は明るくのどかで、日本の東 北の民謡などを思わせる響きを持っており、農村で歌われる風景が目に浮かぶようです。勇壮な 身振りの宗教舞踊は華やかな衣裳が目をひきますが、この舞踊は本来、僧侶によって祭の日に のみ踊られるものであって、今回のように海外で、しかも祭りでない日に見られるというのは、最近になって叶ったことなのだそうです。

西岡信雄名誉教授の解説で、客席の方々も、国民の幸福と信心を大切にするブータンの土地柄に親しみを感じながらご覧頂いているようでした。

歓迎の歌と踊り1
まずは出演者全員で歓迎の歌と踊り


歓迎の歌と踊り2



ラヤ・ピ
高地ヒマラヤで暮らす人々の生活を歌う「ラヤ・ピ」


ベダ・ヤヤ・リ・スム
連なる3つの山を称え、森の木々と人々を歌う「バダ・ヤヤ・リ・スム」


オン・サラ・マニ
土堀を作るため、土をつき固めながら歌う「オン・サラ・マニ」


ベダ
キチュ寺を称える「ベダ」


ツァンカビ・チャム
悪魔退治の様子をあらわした「ツァンカビ・チャム」


バ・チャム
英雄の踊り「バ・チャム」


ダムツェ・ンガ・チャム1
ダムツェ寺の仮面舞踊「ダムツェ・ンガ・チャム」

ユネスコの世界遺産に指されている。


ダムツェ・ンガ・チャム2



ダムツェン・ンガ・チャム(左)とシャナ・ンガ・チャム(右)
(左)ダムツェ・ンガ・チャム
(右)仏教の勝利の物語を伝える太鼓踊り「シャナ・ンガ・チャム」


(左)レム (右)ドゥン
(左)シンバルのように打ち鳴らす「レム」

ほとんどの演目でリズムをとっていた
(右)演奏者の身長ほどもある長さの「ドゥン」
管のジョイント部分をゆるめて入れ子状にし、短くして持ち運ぶ


ダムニェン
ブータンを代表する楽器「ダムニェン」


伝統楽器合奏
伝統楽器「ビワン」「レム」「ダムニェン」(左から順)による合奏
2009-04-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。