FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第68回ミュージアム・コンサート「アーリー・ギターの愉しみ」

2011年2月12日(土)、第68回ミュージアム・コンサート「アーリー・ギターの愉しみ」を博物館展示室にて開催しました。

幅広い音楽ジャンルに対応する楽器として、ギターはとても身近な存在ですが、今回のミュージアム・コンサートでは、珍しい16~19世紀のギターと、13~17世紀のスペインで栄えた弦楽器ヴィウエラを、高本一郎さんの演奏でご紹介しました。本館所蔵1776年J.R.ベルテ製作の5コース復弦のギターも登場し、オリジナル楽器ならではの響きが会場を満たしました。16世紀の作曲家G.モルラーユから19世紀のF.ソルの作品まで、年代に添って演奏とお話を進め、最後は高本さん作曲の作品と即興演奏で締めくくりました。
アーリーギターの愉しみ1


アーリーギターの愉しみ2


アーリーギターの愉しみ3


アーリーギターの愉しみ4


アーリーギターの愉しみ5

時を経た古い楽器はとても繊細です。僅かな気温や湿度の変化が、意外なほど本体に影響をもたらします。本館所蔵のアーリー・ギターは演奏会終了後、専門家の手によりメンテナンス中です。状態を整えてから再びケースに展示します。
(現在写真パネル展示となっております。)

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

2011-03-07 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。