FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「三味線・造って弾いて」

毎年好評の音楽博物館ミュージアム・コンサート&セミナーシリーズ。今年度の第一回目となる第31回ミュージアム・セミナー「三味線・造って弾いて」が先日開催されました。
お話と演奏をしていただいたのは、三味線製作家の野中智史さんです。


三味線1
棹の部分が3つに分割できる「三ツ折れ三味線」のお話


継ぎ目となる木と木の組み合わせ部分をきつすぎず、ゆるすぎず、絶妙の加減の仕上げる必要があります。

実際に三味線を製作している映像も流されました。慎重にノミを入れたり漆をぬった後に手で磨きこんだり、といった手仕事の様子がよくわかります。


三味線2
三味線を製作している映像も・・・



三味線3


三味線4
持ち運び用に分割されていた三味線を組み立てつつ、コマや絃の解説



三味線5
「素人ですが」と断りつつ、津軽三味線や都々逸も披露



ご自身で三味線を「造って」、また「弾いて」いる野中さんのお話は、実感がこもっていて親しみやすい内容でした。来場者も興味深く聞かれていたようで、野中さんが最後に質問を受け付けた時には、多くの手が挙がっていました。

会場には野中さんの日常を写したポートレート・コーナーも設置しました。
写真家の横山大介さんの作品です。

三味線6
ポートレート・コーナー

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

2011-12-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

楽器資料館

Author:楽器資料館
大阪音楽大学音楽メディアセンター楽器資料館へようこそ
〒561-8555
大阪府豊中市庄内幸町1-1-8
℡06-6335-5175

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。